友田眼科

阿倍野区阿倍野筋の眼科、友田眼科

〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-2
あべのクオレ105
TEL 06-6631-8039
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

緑内障・白内障

緑内障

緑内障は現在成人の失明原因の第1位を占め、年間2,000人以上の人が視力を失っている病気です。

視神経が眼圧によって障害され、視野が部分的に見えなくなったり、狭くなったりしてきます。
眼圧とは、眼球の内圧のことで10~21mmHgが正常とされ、これが21mmHgより高いと、次第に視神経が障害されてくると考えられていました。

【正常眼圧緑内障】
眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる人がいます。
これを正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障に分類されます。近年行われた全国的な調査の結果から、緑内障の約6割が正常眼圧緑内障であり、また欧米にくらべて日本人に多いらしいことがわかりました。

緑内障で視神経が一度障害とされると、元には戻りませんので、目薬や飲み薬、手術などで眼圧をコントロールすることが最も重要です。
しかし、残念なことに緑内障の患者様の約8割の人達は治療を受けていません。人間ドックなどで視神経乳頭陥凹を指摘された人は、必ず眼科で緑内障の精密検査を受けましょう。

◎緑内障の症状
視野欠損、視力低下、初期は無症状

 

白内障

白内障は先天性のもの、外傷性のもの、糖尿病やアトピーに合併して起こるもの、ぶどう膜炎に併発するものなど、色々な種類があります。
しかし、一般的には加齢によって水晶体が濁る老人性白内障が最も多い症例に挙げられます。

白内障の治療は、初期のうちは眼薬による進行予防を行います。
白内障の手術は年齢、職種などにより、必要とする視力にも違いがありますので、その人が日常生活に不自由を感じたら医師と良く相談をして受けられるのが良いと思います。
手術自体は、近年めざましい進歩をとげ、小さな切開で短時間に、安全に行える様になっています。
摘出された水晶体の後に眼内レンズ(人工レンズ)を挿入して、本来水晶体が持っている強い屈折力を補正する方法が取られることが一般的になっています。

◎白内障の症状
霧視(かすんで見える)、視力低下